アプリケーションの終了とインターネットの接続

iMacに限らずMacはWindowを閉じてもアプリケーションは終了しないんですね。で、もちろんインターネットブラウザを終了しても接続は切断されません。
Macユーザーの方には、あったりまえのことだと思うんですけど、始めのうち戸惑いました。yayoは、接続・切断を左下からびろーんと出ているコントロールバーのアンテナマークで切り替えるようにしてます。

 

かな・英の入力切替

iMacは他のMacとキーボードがちと違います。良く使うショートカットはやはり、かな・英の入力切替ですけど、winだとAltと半角/全角キーです。Macはコマンドキーとスペースキーで切り替えます。でもiMacはコマンドキーとスペースキーの間に英数キーがあって、よく間違えて叩いちゃいます。そうしてやっと気付いたのですが、iMacではスペースバーの両脇にいる英数キーとカナかなキーで、全角かなと半角英数の切替ができるのですね。ちなみにカタカナを入力したいとき、Windowsだとひらがなで入力してから無変換キーで一発変換ですが、Macでは、はじめにShiftキーを押しながら入力するのがよさそうです。(いちご) ことえりだったら、ひらがなでうってからCtrとKでカタカナ変換できるよ( あおリンゴちゃんより)

 

文字のサイズ

iMacを買って、最初に行った作業がホームページの更新作業だったのですが、(実はiMacを買ったとたんに私のWin機がハードディスククラッシュを起こし、使用不可能になってしまったのです。やきもちかなあ(^^;)作業が終わり、アップロードしてこれでよし・・と思っていたのですが、翌日妹のWin機で見てびっくり!。フォントサイズが大小混合になってました。
ネットスケープとインターネット・エクスプローラでは、基本となる文字サイズが違うのですが、IEでも、Macだと文字の表示サイズが違うんですね。
ちなみにNC4.0の標準文字サイズは12ポイント、IEのは14ポイントだそうです。MacのIEの標準は??。

フリーズと再起動

パソコンとおつき合いを始めると、つきあいたくないのにもれなくついてくるのがフリーズ。まだMacでの作業もなれてにうちは、これが以外と焦るのです。私が始めて経験したのは、起動時に固まっちゃうってやつで、これはどうしようもないので、品物を交換してもらいました。Macがフリーズしないよう、ご機嫌をとるのに一番なのは、メモリの増設。yayoは購入時に128MBプラスしてます。しかし、やっぱりフリーズはさけられないですね。で、アプリの強制終了(WinだとCtrとAltとDerete)Macではoption,comand,escの3つを同時に押すのです。が、これで強制終了してくれればいいこ♪いいこ♪、してくれない場合が結構あります。その場合は、本体の電源ボタンを押して終了させる。(これはWinでもよくやります)で、それでもまったく反応がない場合もわりとあります。ここで登場するのがリセットスイッチ。(Winだと電源ボタン押してもだめだとコンセントを抜くしかなかった。)本体わきのポートカバーの中、三角のついた小さい穴をクリップなどの細い棒でさす。これでだいたいは再起動できます。(本体前面 とかにあればいいのに。うちのいちごの側面の窓はすっかりがばがばになってしまいました)。再起動のあとは ゴミ箱を確認。救出された書類があるかもしれない。